車 買取 即金

車を買取ってもらいたい、という方の中にはすぐにでも現金が欲しい、という方もいるのではないでしょうか?

一括査定だと、高く買取ってくれる反面、

依頼→査定→売却

という流れの中で行われるので、どうしても入金されるまでに時間がかかってしまいます。

その代わりに高く売れるというメリットもありますが。

 

では、直ぐにお金が欲しい場合はどうすれば良いのか調べてみました。

それは、直接買取専門店に持っていく方法です。

しかし、車を売る時には所有権を自分の元から手放す手続きなどをしないといけませんので、

いきなり車を持っていって「すぐに現金をくれ」なんて言っても通用しないでしょう。

 

では、どうすれば?

買取専門店が売却時に必要な書類を持って車を査定してもらいに行きましょう。

といってもどこの買取専門店もやってくれるという保証はありません。

しかし、ガリバーはやってくれるようです。

こちら → ガリバーHP

こちらのQ5に「査定したその日に売却できますか?」という質問があり、

その質問に対する回答が

「もちろん、その場で売却の手続きを取らせていただくことは可能です。ただし、売却に必要な書類が揃っていないと代金のお支払いができませんので、お急ぎの場合はあらかじめ必要書類をご用意いただくとスムーズです。」

とありますので、即時換金が可能なはずです。

 

必要な書類は先ほどのガリバーのHPのQ1の「売却時に必要な書類は?」という質問に書いてあります。

印鑑証明や住民票といった役所に行かないと手に入らない書類がありますので、

まずは役所で必要書類を集め、次にガリバーに即時換金の必要がある旨を伝えて査定の日を決めて、

そして、必要書類とともに車を持っていきましょう。

 

先ほども書きましたがデメリットとしては高く一括査定と比べて買取価格が低くなる可能性が高いことではないでしょうか?

一括査定は買取専門店同士が価格競争をするからこそ高い値段が付きますが、今回の場合には直接店舗に持っていくわけです。

なので、買取側からすれば一括査定の時と比べて高い金額を出す必要がないわけです。

彼らも利益を出すのが仕事ですので、買い叩けるところは買い叩いてくると考えるのが妥当でしょう。

 

なので、即時換金は本当にすぐにでも現金がなければならないとき、

例えるなら自営業者や法人が手形や掛けの支払いが間に合わないかもしれない、などという緊急性の高い時以外は

おすすめとは言えないのではないでしょうか?

 

一括査定がどれくらい高くなるかはこちら → 車 買取