自動車税 いつ払うのか?

自動車税は役所から毎年5月上旬位に通知と納付書が送られてきて、

それを5月末日までに1年分納めなければなりません。

末日が土日の時は土日明けの月曜日になります。

 

 

いつ時点の所有者が自動車税を納めるのか?

自動車税の納税義務者は毎年4月1日時点の所有者が支払うこととなります。

5月に手放していればいいだろう、と思っていると思わぬ結果を招くことになります。

 

所有者は車検証に書かれているので、そちらをご確認していただければわかると思います。

つまり、「もう車には乗る機会が無いな」

という方の場合は3月31日までに所有権を放棄しなければならないのです。

 

所有権を放棄するには?

1、廃車にしてしまう

3月31日までに廃車にすれば自動車税が課されることはありませんし、

自動車税は1年分納付しますので、廃車した月の翌月分を納付していたら還付されることになります。

そのため、10月に廃車したとしたら、11月分以降は還付されることになるのです。

 

2、売却してしまう

売るとなると、どのような形が考えられるでしょうか?

よく耳にする方法と言えば

・下取

・知人への個人売買

・専門店への売却

といったところでしょうか?

 

下取だと、新しい車を買うためにディーラーに売り渡すことを言いますので、

新しい車を買わなければ下取りすることが出来ません。

なので、買い替えの方は良いですが、今後乗る予定がない方は下取りは選択肢から外れます

 

個人売買の場合は一番手軽ではありますが、所有権の変更手続きは自分でしなければならないという手間が生じます。

また、売却の値段も双方との合意で決めますし、よほどお金に余裕のある方でないと安く見られるのではないでしょうか?

 

専門店への売却は、下取とは違い、今後車を所有する予定がなくとも売ることが出来ますし、

所有権を放棄する手続きも店員さんに指示されたとおりにすればいいので手間には感じないのでは?

と、思われます。

また、こちらを利用すれば車種によってはかなり高い値段で買い取ってもらえるようです。

こちら → 車 買取

色々なところから依頼の電話が来るというデメリットもあるようですが、

色々なところから依頼が来る=その車には人気がある

ということなので、楽しみに待てると思います。

 

 

まとめ

・自動車税は5月上旬に通知・納付書が来るので、5月末日までに納付する。

・毎年4月1日時点の所有者が納付することになるので、3月31日までに廃車・売却などで所有権を放棄すれば納付しなくてよい。

ということになります。

 

個人的には売却してしまえば税金を納めなくていいだけでなく、お金も入るので

それが一番かな?とも思います。