車 買取 自動車税 還付

車を買取専門店への売却などで手放した場合、自動車税はどうなるのか?

自動車税は車をお持ちの方ならご存知のことと思いますが、毎年5月になるとその年の4月から翌年の3月までの1年分を

一括して納付しなければなりません。

 

つまり、5月に自動車税を納付して6月や7月に売ってしまうと納め損になるのではないか?

そのような疑問を持つ方もいるかもしれません。

 

でも、安心してください!

自動車税は年の途中で車を売った方、正確には所有権を手放した方には還付されるシステムになっているのです。

売った方には還付して、新たな所有者に取得月から3月までの分を後日請求するのです。

 

しかし、一応確認しておいていただきたいことがあるのです。

それはいつ、どのような形で還付されるかです。

と、いうのも買取専門店に売ったら面倒な手続きは全てお店任せという形になってしまうでしょう。

彼らはプロなので、その方がこちらとしても手間がかからず好ましいことではあるのですが。

 

しかし、お店任せにしてしまうからこそ還付金の入金について、こちらから聞かないといつ入ってくるのかがわかりません。

噂ではありますが、自動車税の受け取りを放棄する委任状に判を押させる買取専門店もあると言われています。

放棄してしまうと買取専門店に自動車税が全て入ってしまい、こちらには1円も入らなくなってしまいます。

 

そのようなことにならないように、査定の時に自動車税の還付手続きはどのようにすればいいのか?

と、一言聞いておくことをおすすめします。